商品についてのご相談はお気軽にお問い合わせください

メールでのお問い合わせ 0120-16-9667

平日9:00から17:30まで

株式会社システムハウスR&C

創立50周年記念ページ

社長あいさつ

わが社の事業と公共性について

 わが社の事業には、プレハブ建築を通して「速く・丈夫な建物を適正な価格で」世の中に供給するという使命があります。50年前の創立時には、それが建設現場の宿舎・事務所として誕生しましたが、阪神淡路大震災時に、応急仮設住宅という形で世に知られる様になりました。以来、大きな災害が発生するたびに、被災された方々に少しでも速く心安らげる住まい、ひいては街を提供するという社会的使命を帯びてきたように思います。それが、中越地震から東日本大震災に至る過程でいろんな形で具現化しました。仮設住宅の居住性向上は無論のこと、診療所・保育園・幼稚園・小中学校施設・郵便局・役所施設・介護施設・コンビニ・商店・飲食店・魚市場などの社会インフラの供給がそれにあたります。ただ、それで終止するのではなく、培った技術を本業のビジネスとして育成できたのは、社員の志の高さだと信じています。ここ数年、首都圏を中心に数多くの保育園を建設して参りましたが、「待機児童の解消→女性の社会進出という社会ニーズ」を押し上げる一翼を担っているとの使命感は、関係者全員が持っています。

 今年は、創立50周年の節目に当たりますが、仕事を通じて世の中の役に立っているとの気概を持って次の100周年に向かって事業を運営していく所存です。

株式会社システムハウスR&C
代表取締役社長 中堀雅臣

50周年記念ロゴマーク

【スローガン】

夢をかたちに未来へチャレンジ

システムハウスR&Cは、モジュール建築の創造とリサイクルを推進する確かな品質と性能で、お客様と社会の未来を組み立てています。未来に向けてチャレンジしながら可能性を追求し、夢をかたちにする──ひとつ上の価値の創造を目指して。

【ロゴ】

未来をイメージした立体感のある青い球体は、地球環境を表わし、快適品質・環境品質を追求するシステムハウスR&Cの夢を象徴しています。50の文字は、50周年をエポックとして更なる発展をイメージしたデザインとしています。